Category Archives: 電子書籍出版メモ

集英社、ACCESSのBeaconサービスを用いた国内初の電子書籍O2Oプロモーションを東京・六本木ヒルズで

【編集部記事】株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区)は、集英社が明日9月20日から東京・六本木ヒルズで開催する「わたしのマーガレット展」会場向けにおいて、自社のBeaconサービスソリューションが採用されたことを明らかにした。

 今回採用されたのは、ACCESS社が今春から提供しているASP型の小売業界向けサービスソリューション「ACCESS Beacon Framework」で、今回集英社の電子書籍アプリ「マーガレットBOOKストア!」に機能を追加。これにより、展示会場で各施設内での関連オリジナルコンテンツのプッシュ配信したり、GPS機能を用いて六本木ヒルズ周辺にいるスマートフォンユーザー(「マーガレットBOOKストア!」インストール済み)を検知し、プッシュ通知で会場へ誘導するサービスも実施する。【hon.jp】

問合せ先: ACCESS社のプレスリリース( http://jp.access-company.com/news_event/archives/2014/20140919-2/

BookLive、集英社の人気ライトノベル20作品が無料「スーパーダッシュ文庫 スーパー秋祭り」をスタート

【編集部記事】株式会社BookLive(本社:東京都台東区)は9月19日、電子書籍ストア「BookLive!」で集英社の人気ライトノベル20作品が無料で読める「スーパーダッシュ文庫 スーパー秋祭り」を開始した。

 本キャンペーンは、450冊を超える集英社「スーパーダッシュ文庫」全作品を表示価格の20%OFFで配信するもので、その一環として「カンピオーネ!」(丈月城/シコルスキー)など20作品の第1巻を無料配信する。

 キャンペーン期間は10月2日までとなっている。【hon.jp】

問合せ先: 「スーパーダッシュ文庫 スーパー秋祭り」ページ( http://booklive.jp/feature/index/id/ssdash

Apple社、モバイル広告/iBooks Authorウィジェット制作ツール「iAd Producer」のVersion 5.0を公開

【編集部記事】Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間9月18日、iOSモバイル広告/iBooks Authorウィジェット制作ツール「iAd Producer」の新バージョンとなるVersion 5.0を公開した

 iBooks Author上でインタラクティブ電子書籍を制作する場合、Apple純正Javascript/HTML5/CSS3コーディングツールとしてはDashcodeとiAd Producerの2つが存在するが、同社ではここ1〜2年後者の使用を推奨している。

 新バージョンではコードエディター画面などの機能強化がされているとのこと。【hon.jp】

問合せ先: iAd Producerの公開ページ( https://developer.apple.com/iad/iad-producer/

iBeaconベンチャーの米Estimote社、人間にも付けることができる超小型ビーコン「Estimote Stickers」を発売

【編集部記事】米国のワイヤレス通信機器ベンチャーであるEstimote社(本社:米国カリフォルニア州)が、AppleのiOS標準サポートで小売業界から注目されているBluetooth通信機能「iBeacon」のビーコン機の超小型版「Estimote Stickers」を発売した。

 iBeaconは新Bluetooth規格であるBLC(Bluetooth Low Energy、もしくはBluetooth 4.0)を活用したiPhone機能で、店舗付近50メートル以内に来たiPhoneを自動感知・通信接続・追跡するためのもの。BLCビーコン(ハブ)側の配置次第で、レジ決済処理や軽量なファイル転送もできるため、日本でも小売業界を中心に多くの実験が開始されている。

 今回発売されたEstimote Stickersは、小物商品や衣服にも付けられるように超小型化されているため、従来とは異なるiBeaconサービスを生み出すことも可能だ。【hon.jp】

問合せ先: Estimote社のサイト( http://estimote.com/

EU最高裁で判決「図書館が紙書籍を電子化する場合は、著作権者の許可は必要ない」

【編集部記事】米The Christian Science Monitorサイトによると、EU最高裁判所(本部:ベルギー・ブルッセル市)が現地時間9月11日、図書館の書籍デジタル化について、著作権者の許諾は必要ないという判断を下したとのこと。

 これはドイツのDarmstadt工科大学図書館と出版社Eugen Ulmer Verlagの2者間で争われていたもので、「公共に知識を提供する図書館の業務にかなう」として、大学側が著作権の有無を問わず、許諾なしに紙書籍をデジタル化して館内端末に配信することを認めた。

 これにより、館内利用に限られるが、EU圏では図書館が著作権あり・著作権切れを問わず、紙書籍をデジタル化できることになる。【hon.jp】

問合せ先: Cristian Science Monitor紙の記事( http://www.csmonitor.com/Books/2014/0917/European-court-rules-that-libraries-can-digitize-books

iBooks Author向けウィジェット販売ストア「BookWidgets」、LaTeXにフル対応

【編集部記事】Apple社のiPad向け電子書籍・電子教科書オーサリングソフト「iBooks Author」専用ウィジェットを販売するストア「BookWidgets(旧称:iBooks Widgets)」が、Version 3.3にアップグレードし、LaTeXへの対応と複数ウィジェットを追加した。

 ウィジェットとは、iBooks Author上で制作者が追加できるインタラクティブ部品パーツで、JavaScript/HTML5/CSSを使い制作する。しかし、Webプログラミング知識がない人のために、あらかじめ制作しておいたウィジェットを有償販売するのがこのBookWidgetsストアで、専用のMac・Windowsソフトを介して表示コンテンツを編集できるようにしている。【hon.jp】

問合せ先: BookWidgetsの公式ブログ( http://www.bookwidgets.com/blog/2014/09/bookwidgets-v3-3-five-new-widgets-full-latex-support-and-lots-of-enhancements

インプレスR&D、電子書籍関係者向け電子雑誌「OnDeck Weekly」9月18日号を無料公開

【編集部記事】インプレスグループの株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区)は9月18日、電子書籍・電子出版プロフェッショナル向けEPUB/MOBI形式の電子雑誌「OnDeck weekly(オンデッキ・ウィークリー)」9月18日号を無料で公開した。

 On Deckは2010年12月にEPUB形式で創刊した、電子書籍業界向けの無料電子雑誌、毎週配信中。最新号では「ピックアップニュース:新刊学術書を紙と電子で同時販売する新サービス」などを掲載している。

 なお、「OnDeck weekly」はメール登録制の無料メディア(コントロールド・サーキュレーション)となっており、アンケート・フィードバックに答えた登録ユーザーに無料配信する方式になっている。【hon.jp】

問合せ先: OnDeckの配信サイト( http://on-deck.jp/

米Amazon、電子書籍端末の新モデル「Kindle(with Touch)」「Kindle Voyage」を発表、タブレット群も刷新

【編集部記事】Amazon社(本社:米国ワシントン州)は現地時間9月17日、電子書籍端末「Kindle」シリーズの新モデル2機種を発表した。

 今回発表されたのは79ドルの「Kindle(with Touch)」と上位モデルで199ドルの「Kindle Voyage」。前者は、従来の下位モデルのプロセッサを高速化してタッチ対応に。後者は、現行のKindle Paperwhiteよりも反射率を39%高くして300dpiという高解像度を実現。本体横のベゼルにページめくりセンサーが内蔵されており、ページめくり時にユーザーフィードバックする仕組みになっている。

 なお、同社ではこれらとは別にタブレット「Kindle Fire」シリーズのラインナップも刷新しており、子供向けタブレット「Kindle Fire HD Kids Edition」なども発表している。【hon.jp】

問合せ先: 米Amazonのプレスリリース( http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1969159

【電子版・既刊半額】気軽な世界旅行に出発!『世界の絶景 お城&宮殿』発売記念、シリーズ既刊・半額セール!

★世界の風景を紹介する、大人気シリーズ最新刊『世界の絶景 お城&宮殿』が9月16日発売!
★紙版と同時に、電子書籍版を配信!
★最新刊発売記念! 大好評シリーズ既刊・4冊の電子書籍版を期間限定で50%OFF!

株式会社学研パブリッシング(東京・品川/社長:中村雅夫)と株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、眺めているだけで心がいやされる美しいお城と宮殿約80カ所を紹介した『世界の絶景 お城&宮殿』の発売(2014年9月16日)を記念して、同シリーズ既刊・電子書籍版4冊を、2014年9月30日(火)までの期間限定で、50%OFFで配信する。

■紙版&電子版 同時発売の最新刊タイトル

●タイトル:『世界の絶景 お城&宮殿』
発行:学研パブリッシング
販売価格(税抜):紙版/1,200円 電子版/1,080円

◇Kindleストア(電子版)で購入する
http://amzn.to/1phooX2

■50%OFF対象タイトル

『世界の美しいお城』
『世界の古代遺跡』
『世界の聖地』
『世界の絶景 楽園&秘境』

◇詳細は下記URLから↓
http://bookbeyond.co.jp/news/201409/20140917.html

問合せ先: (株)ブックビヨンド http://bookbeyond.co.jp/

米国の電子書籍販売サイト「BookShout!」、公営テレビ・ラジオ局の寄付インセンティブ・サービスに参入

【編集部記事】米Digital Book Worldサイトによると、米国の電子書籍販売サイト「BookShout!」を運営するRethink Books社(本社:米国テキサス州)が、公営テレビ・ラジオ局の寄付者向けサービスに参入したことを発表したとのこと。

 日本と違い、米国には視聴者や大企業からの寄付で運営されている公営テレビ・ラジオ局が多く存在し、寄付してくれた視聴者へのインセンティブとしてスタジオ招待や粗品贈呈などインセンティブを提供するケースが多い。今回、Rethink Books社ではそれらインセンティブ企画代行を行なっているForest Incentives社を介して、数百万人といわれる寄付者コミュニティに大手出版社の電子書籍を提供していくという。【hon.jp】

問合せ先: Digital Book Worldの記事( http://www.digitalbookworld.com/2014/bookshout-partners-to-bring-online-book-retailing-to-public-radio-television-stations/

日本電子出版協会、「電子図書館を考える」セミナーを11月4日に東京都・飯田橋で開催

【編集部記事】一般社団法人日本電子出版協会(本部:東京都千代田区、以後:JEPA)は11月4日、日本国内の電子図書館の現状に関するセミナー「電子図書館を考える」を東京都・飯田橋で開催する。

 本セミナーでは、医学書院副社長・金原俊氏とカンサス大学図書館日本研究司書・伊藤倫子氏が登壇し、日米それぞれの電子図書館市場の現状について講演を行なう。

 参加費はJEPA会員は無料で、一般者は2,000円(領収書発行)。Webページでの事前参加登録(下記)が必要だ。【hon.jp】

問合せ先: 「電子図書館を考える」セミナーの概要( http://kokucheese.com/event/index/216369/

英国の学術書店チェーン大手Blackwell’s、独自の電子教科書プラットフォームを開発、複数大学へ納入へ

【編集部記事】英The Booksellerサイトによると、英国の学術・ビジネス書の専門書店チェーン大手Blackwell’s(本社:英国オックスフォード)は現地9月15日、独自の電子教科書プラットフォームをベータ公開し、近日中にも複数の大学への納入を発表することを明らかにしたとのこと。

 このプラットフォームは独自ビューワーを搭載電子書籍サイトで、読者である大学生は付箋やメモを付けることが可能。最大のウリは作品ラインナップで、老舗書店の強みを活かし、主要な学術系出版社がすべて参加しているという。【hon.jp】

問合せ先: 英The Booksellerの記事( http://www.thebookseller.com/news/launch-blackwell-learning-e-book-platform.html

日本電子出版協会、「『デジタル大辞泉』すべて見せます話します」セミナーを10月16日に東京都・飯田橋で開催

【編集部記事】一般社団法人日本電子出版協会(本部:東京都千代田区、以後:JEPA)は10月16日、電子辞書に関するセミナー「『デジタル大辞泉』すべて見せます話します」を東京都・飯田橋で開催する。

 本セミナーでは、小学館「デジタル大辞泉」板倉俊編集長が登壇し、制作から販売までのすべてを語る予定。

 参加費はJEPA会員は無料で、一般者は2,000円(領収書発行)。Webページでの事前参加登録(下記)が必要だ。【hon.jp】

問合せ先: 「『デジタル大辞泉』すべて見せます話します」セミナーの概要ページ( http://kokucheese.com/event/index/214712/

オランダのネット書店大手Bol.com、電子書籍部門で加Rakuten Kobo社と提携

【編集部記事】楽天グループのRakuten Kobo社(本社:カナダ・オンタリオ州)は現地時間9月15日、オランダの大手ネット書店サイト「Bol.com」を運営するBol.com BV社(本社:オランダ・ユトレヒト州)と提携し、後者に電子書籍端末を英文電子書籍を納入することを明らかにした。

 Bol.comは過去に欧州12カ国や中国にも進出し、日本にも一度進出を果たしたことがあるが、ネットバブル崩壊のあおりを受け2001年に事実上撤退。その後大手Bertelsmannグループを離れ、現在は独立系書店として営業を続けている。

 Bol.com自体は数年前から複数メーカーの電子書籍端末を販売しているが、今回の提携ではそれらの既存ユーザーとも共存できるようにサービスアップグレードされる予定。【hon.jp】

問合せ先: Rakuten Kobo社のプレスリリース( http://cafe.kobo.com/press/releases/bol-com-and-kobo-join-forces-to-revolutionize-digital-reading

Amazonサイトの管理画面「コンテンツおよびデバイスを管理」でMOBI形式ファイルからXSS攻撃できる危険性

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、KindleユーザーがAmazonサイト上でよく使う管理画面「コンテンツおよびデバイスを管理」に、MOBI形式の電子書籍ファイルからJavascriptを実行できる現象が報告されたとのこと。

 これは、MOBI形式のメタデータ部分にJavascriptを埋め込むと、ユーザーのWebブラウザがそれを実行してしまうという脆弱性で、XSS(Cross Site Scripting)によるアカウント乗っ取りも原理には可能とのこと。

 発見者は以前にもAmazon社にこの現象を報告し、一度は修正されたものの、なぜか再び可能になってしまっているとのこと。【hon.jp】

問合せ先: The Digital Readerの記事( http://the-digital-reader.com/2014/09/15/amazon-account-can-hacked-via-kindle-ebook/

米国議会図書館、教育機関向けにインタラクティブ電子教科書をiBookstore上で無料公開、iPad/Mac専用

【編集部記事】米国議会図書館(本部:米国ワシントンD.C.)は先週、iPad/Macを導入している教育機関向けに、インタラクティブ教科書6冊をiBookstoreで無料公開した。

 今回公開されたのは米国憲法関連の資料を集めた「The Constitution」から天文学関連資料を集めた「Understanding the Cosmos」など6作品で、生徒が気になる資料をズームして自由研究の課題とすることを狙っている。【hon.jp】

問合せ先: 米国議会図書館のインタラクティブ電子教科書群( http://www.loc.gov/teachers/student-discovery-sets/

パピレス、EPUB電子書籍投稿サービス「upppi(ウッピー)」でライトノベルのカバーイラストを一般公募

【編集部記事】株式会社パピレス(本社:東京都豊島区)は9月12日から、個人作家向けEPUB電子書籍投稿サービス「upppi(ウッピー)」でライトノベルのカバーイラストの一般公募を開始した。

 これは、同サイトが先月末に発表した「upppi(ウッピー)ライトノベルコンテスト」入賞4作品のカバーイラストを募集するというもので、審査はパピレス審査員による一次選考、読者投票による二次選考によって行われる。採用されたイラスト制作者には規定のイラスト利用料が支払われ、イラスト及びペンネームがクレジット表示に加えられる。

 募集期間は11月5日までで、イラスト入稿はPNG形式、サイズは1,200×800ピクセルとなる。【hon.jp】

問合せ先: パピレスのプレスリリース( http://www.papy.co.jp/info/index.php?page=/release/140912.htm

慶大・東大出版会など学術出版6社、新刊を電子書籍とセット販売する「新刊ハイブリッドモデル」をサービス開始

【編集部記事】慶應義塾大学出版会株式会社(本社:東京都港区)など学術出版6社は9月12日、丸善グループと共同で学術書の新刊を電子書籍とセット販売する「新刊ハイブリッドモデル」をサービス開始すると発表した。

 今回、新サービスを導入したのは人文系の慶應義塾大学出版会・勁草書房・東京大学出版会・みすず書房・有斐閣・吉川弘文館の6社。プラットフォームは、「大学図書館電子学術書共同利用実験」を経て作り上げられた京セラ丸善システムインテグレーション社の電子図書館プラットフォーム「BookLooper」と、すでに約300機関で導入実績のある丸善の電子書籍閲覧サービス「Maruzen eBook Library」を通じて行なう。

 プレスリリースによると、「学術書の新刊を電子書籍で提供してほしい」という学術・研究機関からの要望に応えるため、継続的に新刊電子書籍を提供し、コンテンツの拡充を図りたいとのこと。【hon.jp】

問合せ先: 京セラ丸善システムインテグレーション社のシステム概要( http://www.kmsi.co.jp/solution/digitalbook/digital_library.html

BookLive、電子コミック全作品を対象に「オールマンガ20%OFFクーポンセール」をスタート

【編集部記事】株式会社BookLive(本社:東京都台東区)は9月12日、電子書籍ストア「BookLive!」で電子コミック全作品を対象に「オールマンガ20%OFFクーポンセール」を開始した。

 本キャンペーンは、BookLive!サイトのデザイン変更を記念したもので、従来の「マンガ」TOPページを分割し、「男性マンガ」「女性マンガ」の2つのTOPページを新設。それぞれのジャンルの新着・
話題作など、より多くの作品との出会いを可能にしている。

 20%OFFクーポンは、前述の2特集ページ(下記URL参照)で入手できる。【hon.jp】

問合せ先: 男性マンガ( http://booklive.jp/feature/index/id/allcmccpn1409 )/女性マンガ( http://booklive.jp/feature/index/id/allcmccpnf1409

【全巻半額】Google Playブックス配信開始記念第2弾『ビジネスの基本とコツ』シリーズ半額セール開始!

学研グループのデジタル事業会社である株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、Google Inc.が運営する電子書籍配信ストア「Google Play(TM)ブックス」にて、学研グループの約1700点の電子書籍の配信を開始した。
配信開始を記念したキャンペーンの第2弾として、9月23日(火)までの期間限定で『ビジネスの基本とコツ』シリーズ全10巻の半額セールを実施。

■Google Playブックス配信記念キャンペーン第2弾

「『ビジネスの基本とコツ』シリーズ全10巻半額セール」

対象タイトル:『ビジネスの基本とコツ』全10巻
販売価格:通常価格各857円→SALE価格各428円
期間:2014年9月10日(水)〜9月23日(火)

↓↓↓↓購入ページ↓↓↓↓
http://bit.ly/1p66nLi

◇詳細は下記URLから↓
http://bookbeyond.co.jp/news/201409/20140910_2.html

問合せ先: (株)ブックビヨンド http://bookbeyond.co.jp/

バンド部分まで電子ペーパー、国産の新感覚ファンション腕時計「FES Watch」がクラウドファンディング開始

【編集部記事】日本のファッションガジェット創出集団「Fashion Entertainments」は9月8日、株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング(本社:東京都渋谷区)が運営するクラウドファンディングサイト「Makuake」でパーツすべてを電子ペーパー化したファンション腕時計「FES Watch」の開発資金の一般公募を開始した。

 Fashion Entertainmentsは電子ペーパーを使ったネクタイやバッグなどファッションアイテムをデザインしている集団で、今回のFES Watchはその製品化プロジェクト第1号となる。完成は来年5月の予定で、バンド部分まで電子ペーパーのため、腕時計全体がシチュエーションに応じて別デザインに変化するというものだ。

 本稿執筆時点ですでにクラウドファンディング率が60%を突破しており、なかなか注目のプロジェクトだ。【hon.jp】

問合せ先: FES Watchクラウドファンディングサイト( https://www.makuake.com/project/feswatch/

漫画界のセルフパブリッシングの第一人者、鈴木みそと小沢高広(うめ)による『電子書籍で1000万円儲かる方法』を紙と電子同日発売

★『限界集落(ギリギリ)温泉』の鈴木みそと『STEVES』の小沢高広(うめ)が新しい“デジタル・電子書籍論”を展開
★紙版と同時に、電子書籍版を配信!

株式会社学研パブリッシング(東京・品川/社長:中村雅夫)と株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、鈴木みそ、および小沢高広の2人のマンガ家による書籍『電子書籍で1000万円儲かる方法』の紙版と電子版を同日発売した。

タイトル:『電子書籍で1000万円儲かる方法』
著者:鈴木みそ・小沢高広(うめ)
発行:学研パブリッシング
販売価格(税抜):紙版/1,400円 電子版/1,203円
内容紹介:これからの電子書籍は、出版業界はどうなる?新時代のクリエイターの目指すところは?漫画界のセルフパブリッシングの第一人者、鈴木みそと小沢高広(うめ)が、これまではなかなか語られなかった「クリエイター側から見た電子書籍の行方」を熱く斬る!

詳細は下記URLから↓
http://bookbeyond.co.jp/news/201409/20140909.html

問合せ先: (株)ブックビヨンド http://bookbeyond.co.jp/

インプレスR&D、電子書籍関係者向け電子雑誌「OnDeck Weekly」9月11日号を無料公開

【編集部記事】インプレスグループの株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区)は9月11日、電子書籍・電子出版プロフェッショナル向けEPUB/MOBI形式の電子雑誌「OnDeck weekly(オンデッキ・ウィークリー)」9月11日号を無料で公開した。

 On Deckは2010年12月にEPUB形式で創刊した、電子書籍業界向けの無料電子雑誌、毎週配信中。最新号では「イベント:漫画家&マンガクリエイターを目指す学生とコミック編集部の出会いの場」などを掲載している。

 なお、「OnDeck weekly」はメール登録制の無料メディア(コントロールド・サーキュレーション)となっており、アンケート・フィードバックに答えた登録ユーザーに無料配信する方式になっている。【hon.jp】

問合せ先: OnDeckの配信サイト( http://on-deck.jp/

米大手書店チェーンBarnes & Noble社が2015年度第1四半期の業績発表、電子書籍はハード部門撤退で売上半減

【編集部記事】米書店チェーン最大手Barnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)は現地時間9月8日、2015年度第1四半期(5月〜7月)の業績を発表した。

 それによると、紙書籍部門の売上は前年同期比で-5.3%減の9.55億ドル(約1,020億円)、ハードウェア撤退後の電子書籍部門はその分の売上がまるごと消え、-54.3%減の0.7億ドル(約75億円)と大激減した。【hon.jp】

問合せ先: Barnes & Nobleの決算発表( http://www.barnesandnobleinc.com/press_releases/9_9_14_2015_1Q_results.html

米Intel、背面に電子ペーパーディスプレイを埋め込んだWindows 8ノートブックを試作

【編集部記事】米mobilegeeks.comによると、Intel社(本社:米国カリフォルニア州)は現在ドイツで開催中のIFA 2014展示会場で、背面に電子ペーパーディスプレイを埋め込んだWindows 8ノートブックをデモしているとのこと。

 この試作ノートブックは、ディスプレイ部の背面に、一般的な電子書籍端末と同じ6型のタッチパネル式電子ディスプレイを設置。スケジュール表示や電子書籍の表示など用途を模索しているとのと。【hon.jp】

問合せ先: mobilegeeksの記事( http://www.mobilegeeks.com/hands-on-second-screen/

小学館、第100巻で完結した少女コミック「あさりちゃん」がギネス世界記録認定されたことを明らかに

【編集部記事】株式会社小学館(本社:東京都千代田区)は9月10日、少女コミック「あさりちゃん」(室山まゆみ)が「二人組による1コミックシリーズ最多発行巻数(女性作家)」としてギネス世界記録認定されたことを明らかにした。

 「あさりちゃん」は、1978年に「小学二年生8月号」で連載スタート。その後、他の学年誌や「コロコロコミック」「ちゃお」などで36年間連載され、2月に刊行された100巻で完結している。

 電子コミック化もされており、全100巻とも主要電子書籍ストアで配信中だ(下記URL参照)。【hon.jp】

問合せ先: 「あさりちゃん」電子コミック版( http://hon.jp/search/3.0/null/290164/

米Adobe Systems、「Adobe Digital Publishing Suite」をアップデート、Apple社「iOS 8」リリースに備えて

【編集部記事】Adobe Systems(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間9月9日、同社が販売するiPad向け電子雑誌制作アプリ・ソリューション「Adobe Digital Publishing Suite」をアップデートした。

 今回の「v32」と呼ばれるアップデートでは、Apple社(本社:同)が来週リリースする「iOS 8」に対応し、電子雑誌ビューワアプリ部分に多くのUI変更を追加。また、このバージョンから、旧InDesign CS5/5.5との連携サポートもされないことも明らかにしている。【hon.jp】

問合せ先: Adobe Digital Publishing Suite新バージョンの変更点( http://helpx.adobe.com/digital-publishing-suite/help/whats-new-release.html

デジタルコンテンツ決済仲介のGumroad社、Twitter社のツイート内決済サービスにベータ参加

【編集部記事】Twitter社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間9月9日、メッセージSNS「Twitter」にEC決済ボタンを追加する計画を発表し、そのベータパートナーの1社としてGumroad社(本社:同)を選んだことを発表した。

 Gumroadは、すでに電子書籍販売向けに多くの機能を提供しており、EPUBを含むドキュメントファイルを購入者がダウンロードすることなく閲覧できる。

 この提携により、Twitter自体が巨大な電子書籍販売サイトと化す可能性も出てきた。【hon.jp】

問合せ先: Twitter社の発表( https://blog.twitter.com/2014/testing-a-way-for-you-to-make-purchases-on-twitter

文藝春秋、「昭和天皇実録」を徹底検証した「文藝春秋10月号」を主要電子書籍ストアで発売

【編集部記事】株式会社文藝春秋(本社:東京都千代田区)は本日9月10日、「文藝春秋10月号」を紙雑誌版・電子雑誌版で同時発売した。

 この最新号では、9月9日から特別閲覧公開が開始された「昭和天皇実録」全61巻の文章を徹底検証した記事『人間「昭和天皇」はどう描かれたのか―「昭和天皇実録」の衝撃』を掲載。作家・半藤一利氏、昭和史研究家・保阪正康氏、歴史学者・磯田道史氏の3人の専門家がそれぞれの視点で読み解いている。

 価格は880円(税込)。【hon.jp】

問合せ先: 文藝春秋10月の内容( http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/1112

Apple社、iPhoneシリーズの次世代モデル「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を発表

【編集部記事】Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間9月9日、スマートフォン「iPhone」シリーズの最新2モデルとなる「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を発表した。

 iPhone 6は現行機種よりも大きな4.7型ディスプレイとより高速なA8プロセッサを搭載した中位モデルで、iPhone 6 Plusはさらにきな5.5インチ型ディスプレイと光学手ぶれ補正カメラを搭載。新モデルではNFCアンテナも内蔵し、Apple社が10月に稼働させる予定のモバイル決済サービス「Apple Pay」にも対応する。

 なお、同社は、今回の併せて、来春発売予定のスマートウォッチ「Apple Watch」もプレビューデモしている。【hon.jp】

問合せ先: Apple社のiPhone 6シリーズ概要ページ( https://www.apple.com/jp/iphone-6/