トレーニングで走ったノート

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - トレーニングで走ったノート

2021年4月26日(月)から。
まとめて書き足していきます。

2021年4月26日(月)記 練習自体で故障しないこと

20210423㈮ 11km
20210424㈯ 7km(公園で筋トレ)
20210425㈰ 13km(公園で筋トレ)

四捨五入すると60歳になってしまう年齢で気づくこと。

a 脚のバネが弱くなり、ストライドが伸びない
b 疲労が抜けない
c 昔の故障箇所が痛む、今は左膝

前はこんなふうではなかったのにな。
加齢の影響をヒシヒシと感じますねぇ。

a→腰が落ち膝も上がらず歩幅短くチョコチョコ走る。若いのランナーの、跳ねて飛んでいくような走りに追い越されてビックリする。あんな走り方はもうできない、と思いつつ、補強トレをしようかと思う。
b→プロテインの粉末なんて今まで飲んでなかったけど、試しに溶かして飲んでみる。練習では飲まないアミノ酸も飲んでみる。今冬から始めてみたけど、けっこう効いてると思う。
c→痛むのは仕方がないので、最初から湿布して、その上にサポーターをしてしまう。走り方もガタガタしないように気をつける。

筋力が落ちたり、疲労の回復力が遅れたり、過去の故障箇所が痛む。
これはもうデフォ(初期条件)なので、折り込み済みで最初から対策して練習する。

重要なのは、練習自体で故障しないこと。
故障すると治るまで時間がかかるし、その間、練習できないし、無理して練習するとさらに故障して治りが遅くなる(リピート)。