ランニングの会、で走る

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ランニングの会、で走る

仕事が忙しいといっても、一週間に一回は10km以上走ろうと思う。モニタを見続けて背骨が曲がってしまう。
というか、心が曲がる。まっすぐがいつもいいわけじゃないけど、何かするときの演算速度が落ちる。余計な心配、余計な感情で、メモり領域が拘束されるから。
思い煩いを圧縮しておいたほうがいい(捨てることはできない、あらゆる記憶・感情は捨てられず堆積する)。

自分は(自分が生きている環境において最適化して生き延びていくために)シンプルで高速で強靱で快活であったほうがいいと思っている。でも放っておけば、重く憂鬱で再帰的なルーチンを抱える人になってしまう。

心も体重も重くなってきたら、走ったほうがいい。

東久留米でランニング

Kuromegawa-RUN

……ともかく……仕事ばかりじゃ、心身によくない。
26日午後、西武池袋線東久留米駅に参集。
「東久留米ランラーズ親父の会」のFuさん、ラストランナーさん、ゴントの3人。
距離は約10kmぐらい(もう少し長いか?)。
ルートはFuさん企画。相変わらず、走ると気分のよいルートをご存じ。東久留米近辺の道は全部走ったことがあるんじゃないだろうか? というぐらい、いろんな道を知っている。
ラストランナーさんは一ヶ月後に豪・ゴールドコーストマラソンに出るというので、すでに20km走ってから参加。夏のような晴天下で30kmというのはかなり気合いが入っている。
今回のルートは東久留米駅を起点にして、黒目川上流へ。
久留米高横を過ぎ、下里の氷川神社、白山公園、前沢から落合川へと出て下流へ、西武線ガード下から東久留米駅に戻る。
ペースが速くかなり気合いの入ったランだったけど、走りながら話ができるので苦しさは半減。
いつもの源の湯で汗を流す。さすがに熱くて湯船に浸かれず。
さらにSさん、Iさんのランナー2名を加えて駅前で打ち上げ。走る仲間と走る話を楽しむ。その後はカラオケ屋さんで呼吸筋を鍛えて(?)終了。