山・ラン報告一覧


第16回日本山岳耐久レース(長谷川恒男CUP)

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 第16回日本山岳耐久レース(長谷川恒男CUP)

第16回日本山岳耐久レース(長谷川恒男CUP)、今年で4回目。完走できました。
ランニングの会のみなさん、ありがとうございました。

場 所 順位 通過タイム
第1関門(浅間峠) 1132 4:50:24
第2関門(月夜見) 1218 10:31:51
第3関門(長尾平) 956 14:56:58
ゴール 860 16:52:18

自宅に戻った翌日から調子を崩し、熱が出て、仕事以外はバタリと寝込んで何もできないような状態でした。
ようやく復活してきましたので、レポートを載せます。

続きを読む


2008立山登山マラニック+剣岳登山レポート

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 2008立山登山マラニック+剣岳登山レポート
2009年6月11日(木)追記:映画『劔岳〈点の記〉』の影響か、アクセスが微妙に増えてきたので、追記。

映画『劔岳〈点の記〉』について

映画『劔岳〈点の記〉』についての感想などは、「山好きはとりあえず映画『劔岳 点の記』を観るといいと思う」にて。

原作本は↓
劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))『劒岳―点の記 』(新田次郎著、文春文庫 (に1-34)、ISBN978-4167112349@Amazon

新版 劒岳〈点の記 〉『新版 劒岳〈点の記 〉』新田次郎・原著作、山本 甲士・文、文藝春秋、ISBN978-4163280608)

2008立山登山マラニック+剣岳登山レポート

立山登山マラニックとは?

富山県富山市の浜黒崎海岸(海抜0m)から常願寺川沿いを遡り、立山山頂(3003m)まで一気に走って登る、というマラソン+登山の大会です。
立山信仰の起点ともなった芦峅寺(富山地鉄立山線立山駅前)、称名滝、室堂(宿泊地)を通過します。立山登山アルペンルートですね。
距離は65km、標高差はなんと3000m!
フルマラソン走った後に、さらに標高差3000m、20kmの山登り(山走り)をすると思ってください。

参考:2008年08月30日(土)に行われた第11回 立山登山マラニックのエントリー情報@スポーツエントリー

結果としては、途中の関門で時間切れとなり、残念ながら完走を果たすことはできませんでした
(立山駅から出発する「ウォーキングの部」に参加した相棒は、なんと雨のなか、山頂まで登りました、祝・完登!)。

室堂の山小屋で一泊した翌日、好天に恵まれ、剣岳へ。
途中の山小屋に荷物を預け、宿泊予約。荷物を軽くして、山頂へ。
絶景でした。
戻って山小屋に宿泊。
翌日、室堂に戻って、日本一高い場所にある温泉で汗を流し、アルペンルートを通って大町方面へ下山して、帰りました。

この計画は、もともとは、新田次郎原作の『劔岳〈点の記〉』が映画化されると聞いて、ならば、劔岳に登ってこよう、というところから始まりました。
小説、映画、そして登山の実体験、古き山嶽信仰から近代登山の幕開けといった知識、その土地の空間と時間を織り交ぜた、とても深い体験となりました。

完走できなかったのは残念なので、また挑戦したいと思いますし、そのときには、もっと深い体験へと変わっていることでしょう。

以下は、前に書いた「立山登山マラニック参加と剣岳登山のメモ」です。
何かの参考になるかもしれません。

ではでは。


結果。
室堂でタイムアウト、14時前ぐらい。残念。
やれる練習はやったから仕方ないとはいえ、寝不足にならないよう、手を打っておくべきでした。

続きを読む